<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

チクチク・あくび娘

あ~っと言う間にお盆休みも終って・・

8月も後1週間で終わりになりました。

しかし・・毎日、毎日、暑いですね~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

昨日はラル家にお邪魔してきました。

d0152869_2255477.gif


d0152869_2284466.gif

まのんちゃんと・・

d0152869_229048.gif

ヴィキちゃんも一緒だよ・・

d0152869_2252758.gif

我家の選抜隊は“ポプラ”で~す。
ポプラはラル家が初めて・・と思ったら、実はポプラを我家に向かえた時
埼玉からの帰り最初にポプラを連れて来たのがラル家でした。
それ以来だね・・・ あの時はホント!迷惑かけちゃいましたね・・・。

d0152869_22122570.gif


さて・・今日の目的は!

このお方を人目拝見しようと・・

d0152869_22143657.gif

わぉ~ あくびの後ろ姿ステキ!・・・じゃなくて・・

d0152869_22151192.gif

羊毛ワンコの“チクチクあくび姫”で~す。

d0152869_2215299.gif

すごいでしょ! そっくりでしょ!

あくびに早くも妹の誕生ですね・・・

また、“チクチクあくび姫”に逢いに行きますよ~  ヨロシク◇◇◇

[PR]

by oh_hanako | 2013-08-24 22:26

またまた、ハゲがぁ!

8月に入ったかと思ったらまたまた猛暑日続き・・・
毎日、早朝から暑いです~

そんなムシムシ暑い季節になると我家のワンズに問題が発生します。

暑さに弱い鼻ペチャ犬の熱中症対策はもちろんのこと
同じく多いのが皮膚トラブル。

うちのかりんは去年からこのムシムシ暑い季節になると皮膚トラブル
を起こします。
普段、特に寒い時期には起こりません。

d0152869_21401764.gif


今年も2週間くらい前から症状が出始めました。

毛根を取り巻くように皮膚にかさぶたができ、その部分の毛が
抜けてしまい虫食い状態になります。

病院で診察してもらったら、『膿皮症』と診断されました。

☆犬の膿皮症は、
体の免疫力が低下した時に皮膚に常在している細菌が異常に増殖し、
それによって皮膚に湿疹や炎症を引き起こします。
また、もともと抵抗力が弱い体質であったり、
シャンプーのやりすぎ、内分泌系の異常によるホルモンバランスの乱れなど..
皮膚のバリア機能が弱くなり、細菌感染を起こしやすくなります
治りかけの状態で かさぶたになり皮膚が剥がれると同時に
毛根が削がれるというものです。
 
かりんの場合は皮膚の浅い部分に起こる『表面性膿皮症』

人間の皮膚は弱酸性ですが、犬の皮膚は弱アルカリ性ですので、
人間以上にブドウ球菌が増殖しやすいのです。

皮脂やフケ、ホコリなどの汚れが多い状態で皮膚のバリア機能が弱くなり

「治療としては・・・」
 毎日体をぬるま湯などで拭いて汚れを取り除き、皮膚の細菌増殖を予防する。
 シャンプーのやりすぎは、皮膚のバリア機能となる皮脂が失われてしまうため、
 逆効果になってしまうので注意が必要です。

 動物病院で処方された抗生物質をきちんと飲ませる。

 通常なら約3週間前後で治りますが、再発を繰り返す事もありますので、
 症状が治まってきてからも注意が必要です。

幸い他のワンちゃんに感染したりするようなものではないとの事で
うちではぽてとやポプラのことも心配しましたが、問題はありません。

何故か?かりんだけ・・・
見かけによらず、抵抗力が弱い体質なんでしょうか?

一応、抗生剤で1週間ようす見です。
[PR]

by oh_hanako | 2013-08-03 22:09